NCD事業への参加

当院は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています。この事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さまに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。
具体的には、当事業には国内の多くの外科系学会(日本外科学会、日本消化器外科学会、日本血管外科学会、日本胸部外科学会、日本呼吸器外科学会、日本脳神経外科学会、日本形成外科学会、日本心血管インターベンション治療学会など)や、手術を担当させていただいている多くの施設(各大学病院、各国公立病院、各公的病院)が参加しています。
当院では、外科、脳神経外科、形成外科、心臓血管センター、病理診断科がこの事業に参加しています。
各医療機関で行われた手術(心臓カテーテル治療も含む)を受けられた患者さまの診療情報(生年月日、性別、入院日、疾患名、手術名などの治療法)を当事業に報告することで、医療の現状や課題把握が可能となり、今後の医療の発展に活かされます。もちろん、患者さま自身を特定できるような個人情報(氏名、住所、電話番号など)が、事業へ提出されることはありません。
データの公表にあたっては、NCDが承認した情報のみが集計データとして公表されます。登録するデータがどの患者さまのものであるか、特定されることはありません。

なお、データの登録に賛同いただけなくても診療に不利益を被ることは一切ありません。
原則として、患者さまより不同意の意思表示がない場合は同意いただけたものとし、診療情報を登録させていただきますのでご理解の上ご了承くださいますようお願い申し上げます。