今年度、第1回目の夜間を想定した防災訓練を実施しました。

主に夜間勤務にあたるスタッフを中心に、産婦人科病棟デイルームで火災発生した場合を想定し訓練しました。今回の訓練病棟は産婦人科であるため、妊産婦さんや乳幼児、新生児がいることから、避難行動には相当の時間がかかるものと想像していましたが、看護師と患者さんとの新生児の受け渡しなどが適格な指示のもと円滑に進み、無事避難訓練が出来ました。

また、初期消火においても、応援看護師が放送により覚知し、迅速に出火階にて消火活動をすることができました。
消防署への連絡通報については、事務職員と警備員により迅速に行うことができました。