認知症サポーター養成講座を受講しました

3月17日、24日の2日間、事務部に所属する50名が坂出市地域包括支援センターの協力を得て、認知症サポーター養成講座を受講しました。
認知症を自分自身にとって身近な問題と認識し,認知症の人やその家族の気持ちを理解しようとすることが大切であることを改めて感じることができました。
少しずつ、この輪が広がって、みんなで支え合う地域づくりができるよう院内でもこの活動を広げていきたいと思います。




シェアする