はじめに

当院は地域の中核病院としてとりわけ救急医療に力を注いでおり、緊急検査の件数が多いことが特徴です。夜間も当直体制を敷いており365日昼夜のわけ隔てなく画像診断が可能です。装置も最新のものを設置しておりスピーディーな検査が可能で、検査結果もオンラインでリアルタイムに医師の元に届きすぐに診断できるようになっています。

現在までの歩みと現況

1969年にまず60CO治療装置、 X線TV装置、自動現像機等が導入されました。次いで1974年にシンチカメラ。1977年には国内でもかなり早い時期にCTを導入。さらに1988年にMRI(0.5T)導入、1994年にCTがヘリカルにSPECTが2 ヘッドタイプに更新されました。これらいずれも当時の県内では1,2を争う早期の導入でした。さらに、1997年にMRI(1.5T)が追加されMRIが2台体制となりました。しかし1998年にDSA装置が導入されたのを最後に大型装置の更新は長く止まっていました。これは病院の新築計画が持ち上がった為でした。
病院の新築計画が具体化した後、2005年になって新病院でのフィルムレス運用を見越して画像サーバーおよびCRシステムを導入。そして2007年6月に新病院一階への移転に際し、主たる装置のほとんどを更新し現在に至っています。移転に伴い、1969年から長らく使用していた60CO療装置は残念ながら廃棄されました(2012年にリニアックを設置し再び放射線治療が可能となっています)。この間、2002年2月には放射線科外来が新設され病診連携にも対応するようになりました。また、2006年には画像診断管理加算2も取得しています。2011年には320列の超高速CTを追加導入し心臓や血管の検査に威力を発揮しています。
新病院では装置の性能向上により、 CT・MRIともに無理なく当日検査が可能となっています。また、ほぼリアルタイムでレポート作成も行っています。画像は電子カルテ端末で見ることができ、さらに立体画像の作成も院内40か所以上で可能です。

詳しい診療内容

実績

最近10年間の実績を、別表・図に示しました。

放射線科における年度別撮影件数の推移

放射線科における年度別撮影件数

担当医

氏名(役職) 認定医・専門医等
長尾 修自
(副院長)
日本医学放射線学会放射線診断専門医
外山 貴士
(放射線科部長)
日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本核医学会核医学専門医

診療予定表はこちら