理事長 あいさつ

理事長 松浦 一平

総合病院回生病院は坂出に昭和32年開業以来、60年を迎えます。

回生病院は1956年に設立され、60周年を迎えます。設立以来地域医療に徹し、また地域の中核病院として頑張って参りました。わが国の少子高齢化現象は、世界中どこの国もいまだ経験したことがないくらい急速に進み、大変深刻な状況下にあります。特に東京周囲を含めた大都会を中心に医療受けることができない患者さんや介護難民が多く発生すると言われています。回生病院はこれまで急性期に特化した医療を皆さんに提供して参りましたが、引き続き急性期の中核病院としての役割を担っていくのと同時に、これまで以上に地域の先生方との連携をより蜜にしてまいります。地域の先生方とお互い顔の見える連携を構築していくことで、信頼感も深まり、安全で質の高い医療を患者さんに提供できると信じています。今後はこの地域で皆さんが安心して暮らして頂けるための地域づくりに努力してまいります。

病院長 あいさつ

病院長 杵川 文彦

回生病院は1956年に設立された総合病院で「皆さまに愛され信頼される病院を目指します」の理念のもと地域医療の充実ために努力して参りました。2008年には社会医療法人に認定され、公的性格の強い病院に生まれ変わっています。
現在は402床の病棟と20を超える専門外来を有しており、大学医局からの指導医、専門医の派遣、大学医学部の教官経験者の招聘等、経験豊富な医師の確保に努めています。外来棟の1階部分は大災害時等に近隣の方々を300名収容することが可能で、治療も行えるように設計されており、2階部分は軽症者を200名収容することができるようにもなっています。屋上にはヘリポートも設置され、救急患者の速やかな搬入、搬送に活用されています。
現在わが国には少子化に伴う人口の減少と急速な高齢化という問題があり、病院を訪れる方々の疾患や背景因子は一昔前とは明らかに異なってきています。単に高度な医療を提供するだけでなく、介護、予防、住宅、生活支援等の充実により、要介護や独居の高齢者でも住み慣れた地域で暮らせる社会を作る、地域包括ケアシステムも重要となってきています。
社会の変化に適切に対応しながら、充実した地域医療を提供するため、職員一同全精力を注いでいく所存です。今後ともよろしく御指導、御教示賜りますようお願い申し上げます。