2007年に第1期工事(新病棟)の竣工を皮切りに、以後新築工事行ってまいりましたが、本年12月2日に第5期工事(関節外科センターを含む新館棟)が完成しオープン致します。建設期間中、病院周辺の地域住民の皆様をはじめ多くの患者さんに大変なご迷惑をおかけしたことをこの場をお借りし、心よりお詫び申し上げます。
10月末で工事が終了し、建築物としては完成していますが、運用は現時点において12月2日から開始する予定です。地上5階の棟ではありますが、2、3階を関節外科センターとして運用致します。2階は外来診察、3階は入院治療が必要な病棟(40床)部門で、どちらのフロアも明るく広々としたスペースを確保することが出来ましたので、ご利用される方々にはきっと満足して頂けるのではないかと思っています。関節外科センターでは、専門性の高いスタッフを配置すると同時にハード面においても3D解析装置等の最新機器を投入し、それらを利用して頂くことで、主として膝関節及び股関節等の疾患について、これまで以上に安全で質の高い医療を提供することが出来ると考えています。また5階には300~350人程度収容可能な大ホールを設けています。また、1階は受付・会計窓口を備える他、その玄関口には、コンビニエンスストアおよびカフェが出店いたします。


シェアする